まだらの卵(漫画)の登場人物。読みは「ちち」。ぼくとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まだらの卵(漫画)
正式名称
ふりがな
ちち

総合スレッド

父(まだらの卵)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

主人公のぼくの父親。家の近くの工場で働いていた、毎日夕方になると油まみれになって帰宅する。毎晩酒を飲んではぶつぶつと独り言をつぶやいていて、ぼくのことを邪険に扱う。

登場人物・キャラクター

汚染の進んだ工場地帯の一角に、家族と共に住んでいる。快活で好奇心旺盛な性格で、飼い犬のポチと共に、いつも楽しそうに外を駆け回っている。家族との折り合いが悪いことに孤独を感じており、寂しさを紛らわすため...

登場作品

舞台は汚染された工業地帯の町。排水にまみれた川で、主人公のぼくは原色に彩られたまだらの卵を発見する。動物好きのぼくはまだらの卵を孵化させるが、目を離した隙に中の生き物はいなくなってしまう。それからとい...