片桐

みのり伝説(漫画)の登場人物。読みは「かたぎり」。織田功とはライバル関係。

  • 片桐
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
みのり伝説(漫画)
正式名称
片桐
ふりがな
かたぎり

総合スレッド

片桐(みのり伝説)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

片桐書房の社長だと思われる男性。織田功の友人であり仕事上のライバル。かつては明晰な人物だったが会社の経営が傾き、借金に追われたことで荒んでいた。織田功は連帯保証人になっていたためこれが原因で織田出版を一度たたむことになる。

登場人物・キャラクター

織田出版の社長。中年の男性。杉苗みのりの文章力を信頼しており、度々杉苗みのりの手助けをする。思考改革という本を発行し続けている。売れる本を作っているわけではないが、本を作る情熱を強く持っており良い本を...

登場作品

零細出版社でライターとして働く杉苗みのりは、28歳の誕生日に会社を辞めフリーライターとして独立する。最初は住むところも失い、貧乏だったがたくさんの人に出会い、働き成長していく。