牛山 玄造

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「うしやま げんぞう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
牛山 玄造
ふりがな
うしやま げんぞう

総合スレッド

牛山 玄造(女神の鬼)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

初代陴威窠斗メンバー。言語障害を持ち、自分の言葉を理解してくれる人間に飢えている。言葉が通じない相手には激昂してしまう反面、理解者には献身的な態度で接する。理解者である雛石顕治小野寺慎に付き従っていたが、三人共々陴威窠斗から破門、雛石は倒れ小野寺からは見捨てられさまよっていたところ花山靖と出会い、彼が自分の言葉を理解していたことを知り、舎弟となる。

その後検挙され、鎖国島へと渡った。ギッチョが島へ渡ったときは「王様」となった花山唯一の仲間として、手製の罠で彼を守っている。島で出会ったンアギッチョとも意思の疎通が可能となる。

登場作品

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(...