牛山

牛山

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「うしやま」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
牛山
ふりがな
うしやま
関連商品
Amazon 楽天

概要

柔道家の大男。10年間無敗で、「不敗の牛山」と恐れられている。圧倒的な膂力(りょりょく)を持ち、その力は突進してきた馬を足払いで蹴り飛ばし、ヒグマすら素手で投げ飛ばすほど。飛び出た額と石頭が特徴。網走監獄に収容されていた、体中にアイヌ民族の金塊の在処を示す刺青(通称、刺青人皮)を持つ24人の死刑囚の1人。放っておくと男女見境なく襲い掛かるほど性欲旺盛で、柔道の師匠の妻を寝取った挙句、怒り心頭の師匠を殺害し、10人に重傷を与えた罪で服役していた。その後、金塊を探す屯田兵に移送されていた途中、兵士を皆殺しにして死刑囚たちと脱獄に成功。その後は姿を隠していた。だが、土方歳三に探し出され、金塊の分け前を条件に仲間となった。札幌の家永カヨのホテルで、互いの素性を知らぬまま杉元佐一たちと出会った際は意気投合し、ビールを飲み交わした。その際、アシリパに男の選びかたはチンポだと教授し、以来アシリパからは「チンポ先生」と慕われるようになる。好物は桃とビール。実在の柔道家である牛島辰熊がモデルだと思われる。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo