牛股 権左衛門

牛股 権左衛門

シグルイ(漫画)の登場人物。読みは「うしまた ごんざえもん」。

登場作品
シグルイ(漫画)
正式名称
牛股 権左衛門
ふりがな
うしまた ごんざえもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

虎眼流師範。門下生の中では岩本虎眼に次ぐ実力の持ち主で、精神的に不安定な虎眼に代わり、虎眼流の実務を担っている。郷士の出身で、少年の頃から並外れた怪力を持ち、通っていた剣術道場で疎まれたことで虎眼流に入門する。その握力は青竹を握りつぶすほどで、「かじき」という素振り用の巨大な木剣を軽々と操り、実戦でも武器として使用する。

弟弟子の藤木源之助とは互いに信頼が厚い間柄。藤木と共に、虎眼を殺害した伊良子清玄に「仇討ち試合」に臨むが、敗北して死亡する。一見すると温厚そうな印象を抱かせる物腰の持ち主だが、虎眼流に敵対するものに対しては残虐性を露わにする。また、虎眼の逆鱗に触れて頬を切り裂かれ、耳元まで口が裂けた異様な容貌となっている。

虎眼の命令には絶対服従であり、いくの許嫁を次々と殺害していた。

関連人物・キャラクター

藤木 源之助

掛川の剣術道場、虎眼流師範代の青年。他人からは感受性に欠落があるように思われるほど寡黙で表情に乏しいが、根は実直な性格。強固な意志力を持ち、常軌を逸した修練を続ける努力型の剣士。虎眼流の奥義である流れ... 関連ページ:藤木 源之助

岩本 虎眼

岩本家の当主。右手の指が1本多く、精密な剣さばきを得意とする剣術の達人。流れ星などの独自の技術を開発し、流派虎眼流を開く。高齢から精神に変調をきたし、大半の時間が「曖昧」な精神状態にあるため、奇行を繰... 関連ページ:岩本 虎眼

登場作品

シグルイ

江戸時代初期の駿府国を舞台に、藤木源之助と伊良子清玄の死闘と確執を描く。山口貴由の代表作。原作は南條範夫の時代劇小説『駿府城御前試合』で、その中の「無明逆流れ」のエピソードを中心に描かれている。 関連ページ:シグルイ

SHARE
EC
Amazon
logo