牛若丸

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「うしわかまる」。別称、牛さま。源頼朝とは親族関係にある。

  • 牛若丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
牛若丸
ふりがな
うしわかまる
別称
牛さま

総合スレッド

牛若丸(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

源氏の棟梁・源義朝の息子。源氏の血を恐れた平清盛により、2歳のときから屋敷に閉じ込められて育った。元服までの間、屋敷を出て身を隠すため、自分とうり二つの漂太と入れ替わる。陰陽師・紫蘭の占いで自分の命が長くないことを知っていた牛若丸は、すべてを漂太に託すことに決め、残りの命をそのための準備に使おうと決心する。

家を出てからは漂太の仲間・軒下一座の孤児たちと一緒に暮らしていたが、平清盛の密偵に見つかってしまい、再び家へ戻ることになる。数年後、ついに病に倒れた牛若丸は、漂太に打倒平家の夢を託し、この世を去る。孫子などの兵法に精通しており、漂太に「勇・智・仁・信・忠」の5人の家臣を見つけるよう言い残す。

歴史上の実在の人物、源義経がモデル。

登場人物・キャラクター

孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事...
源氏の棟梁・源義朝の息子で、漂太が身代わりを務めた牛若丸の兄。平治の乱で父が亡くなった後、平清盛によって伊豆に追放された。追放先の伊豆で、監視役である伊藤家の娘・八重と恋に落ち、息子・千鶴丸をもうける...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...