犬塚 信乃

犬塚 信乃

八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)の主人公。読みは「いぬづか しの」。

登場作品
八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)
正式名称
犬塚 信乃
ふりがな
いぬづか しの
関連商品
Amazon 楽天

概要

「孝」の玉を持って生まれた、八犬士の少年。5年前の大塚村焼失事件で瀕死となっていたが、村雨をその身に宿すことで生き延び、その時から体が成長しなくなっている。よって本来なら18歳だが、外見上は小学生くらいの子どもに見える。生まれつき病弱で、言い伝えにより幼少期を女装させられて過ごした。記憶の一部を何者かに封じられており、両親の思い出などは朧げだが、そのためか一緒に焼失事件を生き延びた犬川荘介浜路を家族として大切に思っている。

極めて食い意地が張っており、特に肉が好物。苦手なものは幽霊とゴキブリ。牡丹の痣が右腕にある。

登場作品

八犬伝―東方八犬異聞―

5年前に起きた村の焼失事件から生き残った犬塚信乃、犬山荘介、浜路の三人は、田舎の村はずれにある教会に身を寄せていた。事件以降、信乃と荘介には不思議な能力が備わっており、噂を聞きつけた教会本部から召喚状... 関連ページ:八犬伝―東方八犬異聞―

SHARE
EC
Amazon
logo