犬夜叉の父

犬夜叉の父

犬夜叉(漫画)の登場人物。読みは「いぬやしゃのちち」。犬夜叉とは親族関係にある。

登場作品
犬夜叉(漫画)
正式名称
犬夜叉の父
ふりがな
いぬやしゃのちち
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語開始時は既に鬼籍。西国を支配していた犬の大妖怪。天を衝くほどの巨体と底知れぬ妖力を持ち合わせていたと言われている。自らの墓を、行き方が限定されるあの世とこの世の境界線に設置している。犬夜叉の右目の中にあった黒真珠は彼の墓場へと通じる道の一つであり、そこには形見である鉄砕牙が眠っている。

関連人物・キャラクター

犬夜叉

巨大な犬の妖怪と人間の女性を母に持つ半妖。長い白髪に犬のような耳を持ち、丈夫な赤色の火鼠の衣を纏った少年。50年前巫女・桔梗と恋仲になるが、奈落によって仲違いさせられてしまい彼女によって封印されていた... 関連ページ:犬夜叉

登場作品

犬夜叉

世界観現代パートは、かごめの15歳の誕生日から、高校合格を経て、中学を卒業するまでの1年間をメインに描く。最終話の中で3年が経過し、かごめは高校を卒業することになる。戦国時代パートは、戦国の世をモデル... 関連ページ:犬夜叉

SHARE
EC
Amazon
logo