犬山 道策

犬山 道策

里見☆八犬伝REBOOT(漫画)の作品登場人物。読みは「いぬやま どうさく」。

登場作品
里見☆八犬伝REBOOT(漫画)
正式名称
犬山 道策
ふりがな
いぬやま どうさく
関連商品
Amazon 楽天

概要

練馬家家臣の男性で、犬山道節犬山浜路の父親。また、人間の少年だった頃の網乾の主人でもある。網乾の事は実の息子のようにかわいがっており、道節が生まれる前は子宝に恵まれなかったため、網乾を養子にしようとしていた。しかしのちに道節が生まれたため養子の話を白紙にして網乾の恨みを買い、玉梓の力で半妖と化した彼によって、殺害されてしまう。

登場作品

里見☆八犬伝REBOOT

室町時代の南総の国を舞台に、犬塚信乃を中心とする八犬士たちと妖怪軍の戦いを描く、歴史冒険活劇。大まかなストーリーや登場キャラクターなどは、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』がベースとなっている。「少年ガンガ... 関連ページ:里見☆八犬伝REBOOT

SHARE
EC
Amazon
logo