犬山 道節

犬山 道節

里見☆八犬伝REBOOT(漫画)の作品登場人物。読みは「いぬやま どうせつ」。

登場作品
里見☆八犬伝REBOOT(漫画)
正式名称
犬山 道節
ふりがな
いぬやま どうせつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

練馬家家臣・犬山道策の息子で、犬山浜路の兄。「忠」の犬士であり、アザは胸に刻まれている。練馬城が妖怪軍に襲われた際の生き残りであり、その時に殺された両親の仇討ちのために旅に出て、長らく行方不明となっていた。犬士としての自覚はなかったものの、犬塚信乃犬川荘介に出会い、自分が犬士である事を知る。

しかし妖怪軍を討つ理由が信乃たちとは異なり、犬士としての使命ではなく両親と妹の仇討ちが目的であるため、彼らに同行せず一人で旅を続けている。

登場作品

里見☆八犬伝REBOOT

室町時代の南総の国を舞台に、犬塚信乃を中心とする八犬士たちと妖怪軍の戦いを描く、歴史冒険活劇。大まかなストーリーや登場キャラクターなどは、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』がベースとなっている。「少年ガンガ... 関連ページ:里見☆八犬伝REBOOT

SHARE
EC
Amazon
logo