犬島 雅美

緑山高校(漫画)の登場人物。読みは「いぬじま まさみ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
緑山高校(漫画)
正式名称
犬島 雅美
ふりがな
いぬじま まさみ

総合スレッド

犬島 雅美(緑山高校)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

緑山高校野球部のキャッチャーを務める。背番号2。二階堂の超剛球を受け切れる唯一の男で、何事も気合で乗り切ろうとする根性論者である。自分の能力を絶対視し精神論などどこ吹く風の二階堂とはとことん相性が悪く、バッテリーであるにも拘らず両者は犬猿の仲となっている。傲岸さでは二階堂に負けず劣らずで、やはりチームプレイとは無縁の人間である。

登場人物・キャラクター

緑山高校野球部の投手を務める。背番号1。高校一年生ながら身長198㎝、体重101㎏の恵まれた体格の持ち主で、200㎞近い剛速球を投げる超高校級の怪物である。ただし、気が乗らなくなると大事な場面であって...

関連キーワード

『緑山高校』に登場する高校。福島県に今年開校したばかりの新設校。全員が一年生の野球部が甲子園出場を決めたことで、それなりに盛り上がっているが、二階堂や犬島の馬鹿さ加減が知れ渡っている上に、1回戦の相手...
『緑山高校』の主人公二階堂定春の所属部。新設校であるため全員が一年生で、監督もほぼ素人。部員たちにはチームワークの欠片もなく、打順はジャンケンで決めるなど、どう見ても甲子園に出場できるはずなどなかった...

登場作品

創設直後で全員が一年生の緑山高校野球部は、「大阪見物」を目指して、夏の甲子園大会福島県予選に出場、豪腕投手二階堂定春の活躍で予選を勝ち進み、甲子園出場を決める。そして始まった甲子園大会、その一回戦で前...