犬川 荘介

八犬伝―東方八犬異聞―(第1期)(テレビアニメ)の登場人物。読みは「いぬかわ そうすけ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八犬伝―東方八犬異聞―(第1期)(テレビアニメ)
正式名称
犬川 荘介
ふりがな
いぬかわ そうすけ

総合スレッド

犬川 荘介(八犬伝―東方八犬異聞―(第1期))の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

焼失した大塚村の生き残りで、犬塚信之浜路とともに教会に保護されて育った19歳。村の焼失事件以来、犬の四白(よしろ)の姿に変身することができる。うなじに牡丹の形の痣があり、「義」の玉を持つ。

登場人物・キャラクター

焼失した大塚村の生き残りで、犬塚信之と犬川荘介とともに教会に保護されて育った15歳。美少女だが勝ち気な性格で、2人をアゴで使うこともある。健康オタクで料理が下手。
18歳だが、妖刀「村雨」をその身体に宿している影響で、見た目は13歳のまま。「村雨」を宿す右腕には、牡丹の形の痣がある。焼失した大塚村の生き残りで、ともに生き残った犬川荘介と浜路を家族のように大切に思...

登場作品

5年前、疫病が広がったために焼かれて消滅した大塚村で、生き残った犬塚信之と犬川荘介、浜路。村はずれの教会で暮らしていた3人だったが、犬塚信乃と犬川荘介が特殊能力を持つことを聞きつけた帝国協会本部の企み...