犬王

犬王

渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「いぬおう」。別称、道阿弥。乙輪とは親族関係にある。

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
犬王
ふりがな
いぬおう
別称
道阿弥
関連商品
Amazon 楽天

概要

乙輪の父方の血筋とされる。近江猿楽日吉座の大夫で、観世座の観阿弥・世阿弥と人気を二分した猿楽能の名手。一時足利義満の不興を被ったが、後に許されて以降は寵愛をうけ、足利義満の法名「道義」の一字をもらい、阿弥号(芸能者の呼び名)を犬阿弥から道阿弥へ改名した。

実在の犬王道阿弥をモデルとしている。

関連人物・キャラクター

乙輪

『渕となりぬ』の中人口の1人。三枝豊前の後妻垂水の連れ子で、三枝羽角の弟。能の名手犬王の血を引く。母子で病に倒れた折、三枝羽角が体をはって手に入れた薬によって命を救われ、心の底から惚れ込む。白楊座に移... 関連ページ:乙輪

関連キーワード

観世座

『渕となりぬ』に登場する、能楽座の一つ。能楽の創始者観阿弥・世阿弥を始祖に持つ、由緒正しき幕府おかかえの能楽一座。高尚で優雅な能が求められていたが、観衆が大衆へと変わり戦乱が続けば能楽が廃れると危機感... 関連ページ:観世座

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon
logo