犬田 小文吾

犬田 小文吾

八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)の登場人物。読みは「いぬた こぶんご」。

登場作品
八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)
正式名称
犬田 小文吾
ふりがな
いぬた こぶんご
関連商品
Amazon 楽天

概要

「悌」の玉を持って生まれた、八犬士の青年。帝都にある旅館の跡取り息子で、犬飼現八の3歳下の乳兄弟。3年前、現八と共に北の地で鬼に襲われて殺されるが、鬼と同化して生き返った。以後、「風鬼」という天候をも操る強力な鬼に変身する能力や、傷がすぐに塞がる治癒能力を得る。幼少期から旅館の厨房に出入りしており、料理が得意。

牡丹の痣が腰の位置にあり、他の八犬士にもなかなか見せようとしなかった。

登場作品

八犬伝―東方八犬異聞―

『南総里見八犬伝』をモチーフとし、大正から昭和初期の日本に似た世界を舞台とした和風ファンタジー。宿命を持って生まれた八人の美男子らを中心に、妖怪たちとの関わりが描かれる。 関連ページ:八犬伝―東方八犬異聞―

SHARE
EC
Amazon
logo