犬神 二郎

仮面ティーチャー(漫画)の登場人物。読みは「いぬがみ じろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
仮面ティーチャー(漫画)
正式名称
犬神 二郎
ふりがな
いぬがみ じろう

総合スレッド

犬神 二郎(仮面ティーチャー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

荒木剛太が担任を務める極蘭高校2年C組に在籍するが、剛太の赴任時は休学していた。双子の兄、犬神一郎とともに人狼兄弟として恐れられ、凶我狼という暴走族を率いる。幼なじみの千晶に長く想いを寄せていたが、千晶がクラスメイトの岬智也に惹かれていると感じ、智也を逆恨みするように。

また同時に、2年C組の生徒たちが智也の味方についたことで、極蘭高校自体を敵視するようになった。その後、他校を暴力で支配すると、極蘭高校生徒狩りを開始。最終的に智也の仲間である男子バスケ部員とマネージャーの千晶を地区予選前に拉致したことで智也の怒りを買う。

ナイフで智也に襲いかかったところ、間に割り込んできた千晶を刺してしまう。事件後、極蘭高校を休学していたが、十文字隼人が赴任してきて実力行使で不良生徒を指導していることを知り、一郎とともに極蘭高校に舞い戻る。この抗争のなかで千晶がずっと自分を想い続けていたことを知り、改心。極蘭高校に復学し、無事に千晶とも付き合うようになった。

登場作品

東京の架空の都市、立花市にある市立極蘭高校は東京の不良墓場との異名を取る不良校。そんな極蘭高校にひとりの教師が赴任してきた。荒木剛太という名のその教師は、赴任早々2年C組の担任となり、受け持ちの生徒と...