犬飼 現八 信道

八犬伝(漫画)の登場人物。読みは「いぬかい げんぱち のぶみち」。別称、現八。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八犬伝(漫画)
正式名称
犬飼 現八 信道
ふりがな
いぬかい げんぱち のぶみち
別称
現八

総合スレッド

犬飼 現八 信道(八犬伝)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

右頬に牡丹の痣がある男性。八犬士の一人。「信」の珠を持つ。幼い頃の名は玄吉。実父の糠助は後に信乃(犬塚信乃戍孝)の隣人となり、死の間際に珠と痣を持つ玄吉の存在を信乃に告げていた。足利成氏の元で囚われの身だったが、上杉家の刺客と誤解された信乃(犬塚信乃戍孝)を捕えるために放たれた。

信乃と共に旧知の小文吾(犬田小文吾悌順)達に助け出されたことが縁で、丶大から自分も八犬士の一人であることを知らされた。

登場作品

室町時代。雨の中、賊に襲われた僧・丶大(ちゅだい)を8人の若き武士・八犬士が助けた。丶大は八犬士達にかつての婚約者伏姫にまつわる話を語り出す。丶大は元の名を金腕大輔孝徳といい、南房総の突端・安房館山を...