独角兕

独角兕

最遊記シリーズ(漫画)の作品登場人物。読みは「どくがくじ」。別称、沙爾燕。沙悟浄とは親族関係にある。

登場作品
最遊記シリーズ(漫画)
正式名称
独角兕
ふりがな
どくがくじ
別称
沙爾燕
関連商品
Amazon 楽天

概要

紅孩児の部下であり兄貴分の妖怪。かつては沙爾燕という名の妖怪で沙悟浄の異母兄弟だった。弟の沙悟浄が錯乱した実母に殺されそうになっ際、実母を殺し沙悟浄を助け姿を消した。豪快な性格で仲間思い。

関連人物・キャラクター

紅孩児

牛魔王と羅刹女の一人息子。母の羅刹女を人質にとられているため嫌々ながらも玉面公主の言うことを聞いて玄奘三蔵の邪魔をしている。過去、牛魔王が討伐された際に自身も封印された。玄奘三蔵の敵ながら情け深く正義... 関連ページ:紅孩児

沙悟浄

22歳の青年の姿をした妖怪。父親が妖怪で母親がその愛人をしていた人間だっため実は半妖。そのため髪の色が赤い。口が悪く大雑把で女好き。喫煙、賭博が好き。幼い頃妖怪である義母に殺されそうになったが兄の沙爾... 関連ページ:沙悟浄

登場作品

最遊記シリーズ

混沌の時代、桃源郷では人間と妖怪が平和に共存していた。しかし何者かが禁術を用いて牛魔王の蘇生を企んだためか妖怪達は自我を失い凶暴化した。玄奘三蔵は三仏神の命を受け牛魔王の復活を阻止し、桃源郷に平和をも... 関連ページ:最遊記シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo