狸穴 勇介

狸穴 勇介

捨てがたき人々(漫画)の主人公。読みは「まみあな ゆうすけ」。別称、狸穴。

登場作品
捨てがたき人々(漫画)
正式名称
狸穴 勇介
ふりがな
まみあな ゆうすけ
別称
狸穴
関連商品
Amazon 楽天

概要

学歴も金も無い男。貧乏で両親も不和だった不幸な生い立ち。不細工で特技も無い自分に強いコンプレックスを抱いている。無職になってしまい、故郷の港町へと帰ってきた。向上心もやる気もなく、世間一般の暮らしを営めている人間たちを恨んでいる。頭の中はセックスのことばかりで、女性を見ては妄想を繰り返す毎日。

近所の弁当屋の岡辺京子と知り合い、色欲を満たすために京子の信仰する新興宗教「神我の湖」に興味のあるふりをして近づき、強引に関係を持った。人間の本性は食べ物とセックスにしか無いと考えている虚無的な男で、京子との間に子どもができた後も、京子の叔母などと関係を持ち続けている。

登場作品

捨てがたき人々

ひなびた港町を舞台に、不細工で夢も希望もない男・狸穴勇介の欲と絶望にまみれた生き様を中心に、様々な男女の愛と性、エゴのぶつかり合いを描いた人間ドラマ。社会道徳や一般的な建前を疑い、人間の真の欲望を追及... 関連ページ:捨てがたき人々

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
岡辺 京子
叔母ちゃん
集団・組織
logo