狼刃

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「ろうは」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
狼刃
ふりがな
ろうは

総合スレッド

狼刃(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

比紀弾正が誇る五丈四天王のひとりで、女性ながら知勇兼備の名将として名高い。竜我雷の天下人としての素質を早くから見抜き、自軍の一個師団を任せて鍛え上げた、彼の師と呼べる存在。また何かと騒動を起こす竜我雷を庇いだてするのも狼刃の役目だった。忠義に篤い人物であり、比紀弾正の死後、骸羅による暴政が始まった後も、主君への忠義ゆえに五丈国に留まり、臣下として仕え続ける。

竜我雷骸羅を打倒し、自らの旗を打ち立てようとしたときには、五丈国の将軍としてその前に立ちはだかった。それは、愛弟子である竜我雷が全銀河を統べる覇者となるための、最初の大きな試金石となるのだった。

登場人物・キャラクター

かつては神聖銀河帝国の左将軍として名声を馳せた男で、麗羅の実父でもある。皇帝の崩御により帝国が瓦解すると、いち早く軍を起こし、その圧倒的なカリスマ性で多くの勇将を味方に引き入れつつ、瞬く間に北天を制圧...
五丈国の平民上がりの軍人で、登場時は海兵団突撃中隊長を務めていた。五丈国が佐倉を攻めた際に、紫紋の父・阿曽主禅を討ち取る戦功を立て、その活躍ぶりなどが五丈国の四天王・狼刃の目に留まる。そして、狼刃麾下...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...