猪又 三太郎

どん亀野郎(漫画)の登場人物。読みは「いのまた さんたろう」。別称、機関長。

  • 猪又 三太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
どん亀野郎(漫画)
正式名称
猪又 三太郎
ふりがな
いのまた さんたろう
別称
機関長

総合スレッド

猪又 三太郎(どん亀野郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

南郷平助率いる番外潜水艦・ドン亀の乗組員で機関長を務める。元戦闘機乗り。エキセントリックな性格で、てんかんを持っている。戦闘機乗り時代に、勝手に女性を飛行機に乗せたことがばれて営倉(懲罰房)に入られて以来、閉所恐怖症となる。

関連キーワード

南郷平助ら16名が乗船している小型の番外潜水艦。ドイツ製Uボート七型C。かつて海軍大佐だった南郷平助がドイツ人海軍准将との賭けに勝ち、譲り受けた。その後、南郷平助が自ら16名の乗組員を集める。

登場作品

太平洋戦争前夜、連合艦隊の先遣として日本海軍潜水艦隊は真珠湾を目指していた。その中でもはるか後方を移動していた小型の番外潜水艦・ドン亀には、16名の潜水艦乗り、どん亀野郎たちが待ち構えていた。