猿渡 飛比夫

アウェイ-AWAY-4月1日(漫画)の登場人物。読みは「さるわたり とびお」。

  • 猿渡 飛比夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アウェイ-AWAY-4月1日(漫画)
正式名称
猿渡 飛比夫
ふりがな
さるわたり とびお

総合スレッド

猿渡 飛比夫(アウェイ-AWAY-4月1日)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

2033年時点で15歳。異常気象の日の翌日、茨城県の牛久から、榛野市に住む母に会う為に移動中、鹿賀一紀と出会った。母は飛比夫の兄・ルリ夫を溺愛し、ルリ夫の死の際には「おまえが代わりに死ねばよかった」と発言。その後、母は夫と離婚、飛比夫の側を離れ、鬱病の療養に。

大熊大介の帰還を受け不安定になった一紀を側で支え、彼女に惹かれていく。一紀と息子の羽生をもうけるも、彼女の「大ちゃんが一番好き」という言葉にショックを受ける。その後一紀と和解した際に、白い少年と接触。彼から世界の秘密を聞かされ、一紀と共に、レポートとして書き留めた。

登場作品

2033年の3月21日、異常気象の日、大人だけの世界HOMEと、18歳未満の子供たちだけの世界AWAYに世界が二分された。AWAYに残された子供たちは、大人たちの行方を探りながら、混乱した世界で、年長...