• サスケ (テレビアニメ)
  • 作中用語・組織等
  • 猿飛忍群

猿飛忍群

猿飛忍群

サスケ(テレビアニメ)に登場する集団。読みは「さるとびにんぐん」。

登場作品
サスケ(テレビアニメ)
正式名称
猿飛忍群
ふりがな
さるとびにんぐん
関連商品
Amazon 楽天

概要

木の上を動く猿のように、素早く移動する猿飛の術を会得した甲賀忍者の一群。名前に「猿」という文字を持つ。サスケやその父大猿大助、霧隠歳三などが属する。豊臣方の武将、真田幸村配下であったため、徳川方の残党狩りに遭って、多くが殺された。

関連人物・キャラクター

大猿大助

豊臣方の武将である真田幸村配下の猿飛忍群の一員である忍者で、サスケの父。幕府の秘密組織公儀隠密の豊臣残党狩りで妻を亡くし、息子のサスケと共に逃亡する。サスケに忍術を厳しく仕込み、又忍びとして生き方をも... 関連ページ:大猿大助

サスケ

豊臣方の武将である真田幸村配下の猿飛忍群の一員である忍者大猿大助の息子。まだ少年だが、父に仕込まれた忍術の腕は確かなもので、大人の忍者とも対等に渡り合う。猿飛の術や分身の術などの忍術も会得しており、自... 関連ページ:サスケ

真田幸村

信州・上田城の城主。着流し姿でひょうひょうとした軽い性格だが、戦国時代を生き抜く実力者で思慮深い武将。わけあって真田十勇士を集める。主人公の霧隠才蔵には「オッサン」と呼ばれる。 関連ページ:真田幸村

関連キーワード

霧隠歳三

猿飛の術

『サスケ』に登場する忍術。木の上を動く猿のように、素早く移動する術。移動する姿が人間の目には見えないほど速い。この術を会得した忍者の一群が猿飛忍群である。 関連ページ:猿飛の術

登場作品

サスケ

徳川家が豊臣家を滅ぼし、天下を握った元和元年(1615年)、豊臣方に従った忍者の一族猿飛忍群は、公儀隠密の元締服部半蔵の厳しい残党狩りに遭っていた。猿飛忍群の一人大猿大助は公儀隠密配下の忍者に襲われ、... 関連ページ:サスケ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
関連キーワード
登場作品
logo