玄奘 三蔵

きまぐれ悟空(漫画)の登場人物。読みは「げんじょう さんぞう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
きまぐれ悟空(漫画)
正式名称
玄奘 三蔵
ふりがな
げんじょう さんぞう

総合スレッド

玄奘 三蔵(きまぐれ悟空)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

つるっぱげ、丸いサングラス、無精髭、黒い着崩した着物からはみ出した腹など、だらしない印象だが、天国軍団のスパイ。悟空の態度に不安を抱き、ボディガードに沙悟浄八戒を「天竺に着いたら神仙にする」という条件で雇う。女癖、金癖が悪いが、観音さまには惚れている。

登場人物・キャラクター

中国、花果山で石の卵から生まれたミュータント猿。仙人について修行をし、持ち前の怪力に加えて自由に空を飛ぶキント雲、伸縮自在の如意棒、分身の術を身につけるも、釈迦に敗れ、五行山の刑務所に入れられる。そこ...
天国軍団所属。玄奘三蔵の上司。異次元空間に住み、空間を裂いてどこにでも現れる美女。ときどき淫乱になるも、部下に厳しい。最終兵器発動でこの世の最後と知るや、悟空たち全員の望みを叶えた。子孫はストリッパー...

関連キーワード

『きまぐれ悟空』に登場する集団。異次元に住む者は神と呼ばれ、それぞれ独自の不思議な力を持つ。釈迦が総司令である。ただし、正義というわけではなく、「地獄軍団は地獄に落ちろ」と自分たちさえ良ければ他はどう...

登場作品

山奥の秘境で生まれた孫悟空は、玄奘三蔵のお供で、猪八戒沙悟浄という仲間も伴って天竺へと向かう。天国軍団と地獄軍団が冷戦状態にあり、天国軍団のスパイ、三蔵らの目的は地獄軍団の天竺にある最終兵器(当初は機...