玉村 キミ子

ぴっぴら帳(漫画)の主人公。読みは「たまむら きみこ」。別称、キミちゃん。

  • 玉村 キミ子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ぴっぴら帳(漫画)
正式名称
玉村 キミ子
ふりがな
たまむら きみこ
別称
キミちゃん
別称
キミ子

総合スレッド

玉村 キミ子(ぴっぴら帳)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

女性。商店街にある食堂・いのうえ食堂に勤めている。買い物帰りに道で拾ったセキセイインコのぴっぴらさんを保護する。飼い主はすぐに見つかったが、ぴっぴらさんはすでにキミ子に懐いていた。そのため、飼い主のかつみぴっぴらさんキミ子に譲ることにし、ぴっぴらさんと一緒に住むことになる。

小鳥の飼い方について相談にのってもらっていた綱吉に好意を寄せるようになるも、中々上手く想いを伝えられず、バレンタインにチョコを渡せないほど奥手であった。後に綱吉キミ子に好意を持つようになり、だんだん親密な関係になっていく。風呂なしの木造アパートに住む。食べられる野草に詳しく、給料日前は野草を採っておかずにしている。

女子プロレスの大ファン。酒癖が悪く、酔っ払うと誰彼かまわずプロレス技を掛けて回る。また、化粧が苦手でフルメイクに挑戦すると必ず厚化粧になり、悪役女子プロレスラーのようになる。将来の夢は小さな食堂を営むこと。

登場作品

玉村キミ子はある日、道でセキセイインコを拾う。迷い鳥の名前はぴっぴらさん。ぴっぴらさんと暮らし始めたキミ子はぴっぴらさんを通じて様々な小さな発見と驚き、そして幸せを見つけていく。