王妃様

王妃様

旧約Marchen(漫画)の作品登場人物。読みは「おうひさま/でぃけーにぎん」。

登場作品
旧約Marchen(漫画)
正式名称
王妃様
ふりがな
おうひさま/でぃけーにぎん
関連商品
Amazon 楽天

概要

エピソード「硝子の棺で眠る姫君」に登場する。雪白姫の継母。雪白姫の生母の後妻として王妃になった女性。生まれながらに美しさの素養を持っている雪白姫を疎んで冷たく当たり、王妃様自身の美しさを磨く事に夢中になっている。美しい者が愛されるという持論のもとで行動しており、に「世界で一番美しいのは誰?」と問いかける癖があるが、その回答が自分ではなく雪白姫になった事から、世界中の愛を自身に取り戻すため、雪白姫の命を狙うようになった。

爺やに雪白姫殺害を依頼したほか、幾度も雪白姫の殺害を企てるもののすべて失敗している。最後に老婆に変装して近付き、毒林檎を半分に分けて雪白姫に差し出し、食べた雪白姫が倒れた事で毒殺したと思い込んだ。

雪白姫の王子と雪白姫の婚礼に招かれた際には、焼けた靴で死ぬまで踊り続ける罰を与えられた。復讐された罪は「嫉妬」。雪白姫からは「継母」、鏡からは「王妃様(ディ・ケーニギン)」と呼ばれている。

登場作品

旧約Marchen

幻想楽団Sound Horizonの7thStoryCD『Märchen』の楽曲を、ソガシイナの解釈に沿ってコミカライズしたオムニバス作品。すべての作品が童話をモチーフとしており、記憶をなくしたメルが... 関連ページ:旧約Marchen

SHARE
EC
Amazon
logo