王 貞治

王 貞治

父の魂(漫画)の登場人物。読みは「おう さだはる」。

登場作品
父の魂(漫画)
正式名称
王 貞治
ふりがな
おう さだはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

巨人軍所属のプロ野球選手。中学生のとき、実家の中華料理屋「五十番」の出前をしていて、4歳の南城隼人と出会う。隼人からは「50番の次男坊」と呼ばれる。公園で草野球をしていた時、5歳の隼人から右ではなく左で打つようにアドバイスされる。そこに居合わせた毎日オリオンズの荒川選手からも同じ指摘を受け、もともと左利きでもあったため、左打ちに転向する。

実在の元プロ野球選手・監督の王貞治がモデル。

関連人物・キャラクター

南城隼人

昭和25年会津若松で生まれ、3歳の時、父のバット工場移転のため東京に引っ越す。3歳にしてその眼光で長島茂雄を威圧する桁外れの闘志を持つ。また、5歳の時、中学生の王貞治に左打ちをアドバイスするなど、天性... 関連ページ:南城隼人

登場作品

父の魂

昭和25年、非凡な才能を持つプロ野球選手・波原豪は肺病のため成績不振に陥っていた。波原はスランプ脱出のため、妹・南城民子の夫であるバット作りの名人・南城丈太郎にバットを注文する。民子は息子・隼人を連れ... 関連ページ:父の魂

SHARE
EC
Amazon
logo