珂瑠皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「かるのみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
珂瑠皇子
ふりがな
かるのみこ

総合スレッド

珂瑠皇子(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

鵜野讃良皇女の愛息である草壁皇子と、正妃の阿閇皇女との間に産まれた皇子。讃良にとって初めての男孫で、将来の天皇になるべく育てられており、讃良の計らいでわずか9歳の時に、10歳も年上の紀皇女と婚約する。父の草壁に似て繊細な性格で、狩りや武芸が得意ではないが、讃良の意を汲み取るのがうまい世話係の三千代の手助けもあり、危なげなく成長する。

歴史上の実在の人物、珂瑠皇子(文武天皇)がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...