琉・F・和彦

CLOVER(漫画)の主人公。読みは「りゅう・ふぇい・かずひこ」。別称、和彦。

  • 琉・F・和彦
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
CLOVER(漫画)
正式名称
琉・F・和彦
ふりがな
りゅう・ふぇい・かずひこ
別称
和彦

総合スレッド

琉・F・和彦(CLOVER)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

元軍人で秘色(ひそく)部隊副隊長、現在は薄荷(ボーフー)にて探偵業を営む。恋人を何者かに殺害されたことを機に退官、裏社会で生きながら恋人を殺した犯人を捜している。軍の評議会である5人の魔術師(ウィザード)の1人紘将軍には、軍法会議にかけられたときに何度か助けられ、頭が上がらない。

謎の少女スゥ妖精遊園地に送り届けろ、という依頼もそのため断りきれなかった。最初は嫌がった仕事だが、一度引き受けたからには己の身の危険も顧みず、盾になってスゥを庇って守る正義感の強さを見せる。黒めがねと黒の上下を身に纏い、白いコートを着用。言葉遣いは悪く、態度も一見いい加減に見えるが、元上官である銀月に対して「もし面倒な事が起きそうなら俺に何をして欲しいのかだけはいえよ」というような誠実な態度を取ることも。

右手を失い、軍事技術で製作された魔法を使える義手を取り付けている。

登場人物・キャラクター

琉・F・和彦が、評議会の1人である紘将軍から受けた依頼対象の謎の少女。10年前に発足した白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)によって、国中から集められた魔法が使える子供の1人にして、評議会...

登場作品

ある日、主人公である琉・F・和彦は、政府を裏から牛耳る魔術士(ウィザード)の1人から奇妙な依頼を受ける。内容は、謎の少女スゥを妖精遊園地まで送り届けよというもの。外国からの刺客や自国の軍人などが迫り来...