甘栗 甘水

世界の孫(漫画)の主人公。読みは「あまぐり あまみ」。

  • 甘栗 甘水
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
世界の孫(漫画)
正式名称
甘栗 甘水
ふりがな
あまぐり あまみ

総合スレッド

甘栗 甘水(世界の孫)の総合スレッド
2016.07.28 18:47

概要

人々の「孫をかわいがりたい」という気持ちを刺激してやまない、天性の「孫顔」を持つ少女。老人に病的なまでに可愛がられるほか、容姿や振る舞いから強烈に発する孫っぽさで若者さえもその魅力の虜にしてしまう。鰊町にある「鰊中学校」の2年3組に編入してきた。両親は7年前まで鰊町に住んでおり、諸事情で追われるようにして町を出たが、ほとぼりが冷めたころを見計らって町に戻ってきた。

父親は甘栗正人、母親は甘栗和枝。誕生日は7月3日で14歳だが、彼女の成長を悲しむ親が9歳以降誕生日を祝ってくれなくなったので、9歳を自称している。好きなものは甘いもので、一日の甘味摂取量は常人の約7倍。特技は当て身で、どんな相手でも一発で気絶させる腕前の持ち主。

日々町で老人を孫顔で癒したり、学校の仲間たちにチヤホヤされたりしている。このほか、学校が銭亀イカ子の支配下となったときはレジスタンスの長として戦ったり、「お孫」の力を悪用しようとする「黒の孫連」とも熾烈な戦いを繰り広げた。

登場作品

孫のような風貌をした女子中学生甘栗甘水が、鰊中学校に転入。誰もがかまってあげたくなってしまう「孫顔」の持ち主である甘栗甘水に、町の人々や生徒・教師たちは魅了されてしまうが、それを快く思わない者たちがさ...