甘粕 正彦

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「あかまかす まさひこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
甘粕 正彦
ふりがな
あかまかす まさひこ

総合スレッド

甘粕 正彦(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

共和会総務部長。元憲兵大尉。無政府主義者の大杉栄殺害犯として服役後、渡満。関東軍参謀長で後に大日本帝国首相となる東条英機に対して、「軍人としては立派であるが、モノに動じ過ぎるきらいがあるため大臣までなら良いが国運を委ねる人物ではない」と評している。

また、関東軍参謀で後にノモンハン事件、シンガポール戦、ガダルカナル戦等の作戦指揮を執ることになる辻政信に対しては、騒々しすぎて謀略に向かないと評している。陸士以来のよしみで東条英機から石原莞爾の動向を探る命を受けている。歴史上の実在の人物、甘粕正彦がモデル。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...