生命の水

生命の水

からくりサーカス(漫画)に登場する霊薬。読みは「あくあ・ういたえ」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
生命の水
ふりがな
あくあういたえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

錬金術の集大成である「柔らかい石」を水に溶かすことで生成される、バラのような匂いで赤みがかった銀色の液体。ただの鉛を黄金に変え、すべての病に効き、長寿を約束し、機械でできた人形にも命を与えることができる。作中、医学では不治の病とされているゾナハ病も根治可能。さらに身体能力は5倍に向上し、老化に関しても5年に1歳しか年をとらなくなる。外見にも変化が現れ、髪と瞳が銀色になる。

何でも溶かす性質を持ち、人間が溶かされた場合はその記憶が「生命の水」の中に封じ込められ、それを飲んだ人間に継承される。クローグ村の井戸の「生命の水」を飲んだ者たちが「しろがね」となったのは、白銀の記憶が溶かされているからである。ただし、すべての記憶が継承されるわけではないので、「しろがね」たちは「生命の水」を生み出すための「柔らかい石」の製造方法は知らない。

自動人形(オートマータ)が「生命の水」を飲むと、「人間に認識できるスピードで動かなければならない」という自動人形の黄金律が克服可能になる。一方、経口摂取以外で摂取すると体内の疑似体液が中和されて行動不能に陥ってしまう。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo