田久保 美和

田久保 美和

ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)の主人公。読みは「たくぼ みわ」。

登場作品
ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)
正式名称
田久保 美和
ふりがな
たくぼ みわ
関連商品
Amazon 楽天

概要

第一の事件「天狗伝説殺人事件」でのヒロイン。ダムの底に沈む運命にある東北地方の朽果村の村長田久保善蔵の娘であり、最後の山神の祭りで行なわれる天狗の舞を舞う舞姫。7歳まで東京で育ち、山奥の山村に戻ってからは、舞をやる以外引き蘢りの生活だった。だが、物語の5年前に天狗祭りの取材をしにやってきた椎名と言う青年と出会い、恋に落ちた。

2人は結婚を誓って揃って東京に出て行こうとするも父善蔵の猛反対に合い、椎名もそれきり姿を消してしまった。「天狗の裁き」と称された連続殺人はこの5年前にあったとある事件が発端だった。長い黒髪の美少女で、天狗伝説に基づいた両面宿儺の舞いの腕は、見事なもの。

関連キーワード

朽果村

東北地方にある山々に抱かれた山村で、自然の他には何もない貧しい村。だが、「この世で一番美しい村」でもあった。これが、ダムの底に「5年前の事件」と共に沈められる前に起きた連続殺人事件に、八雲は巻き込まれ... 関連ページ:朽果村

登場作品

ミステリー民俗学者 八雲樹

榊大学房総校舎にある民俗学研究室に入り浸る八雲樹は、不在がちの民俗学教授の代わりに地方からの調査依頼を受け、何かと研究室に顔を出す富良野と共に民間伝承のフィールドワークを度々行なっていた。日本各地に伝... 関連ページ:ミステリー民俗学者 八雲樹

SHARE
EC
Amazon
logo