田島 彬

喧嘩稼業(漫画)の登場人物。読みは「たじま あきら」。

  • 田島 彬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
喧嘩稼業(漫画)
正式名称
田島 彬
ふりがな
たじま あきら

総合スレッド

田島 彬(喧嘩稼業)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

圧倒的な強さを誇る総合格闘家。元々は進道塾に所属する空手家だったが、19歳の時に進道塾塾長の山本陸や入江文学の父・無一を襲撃して重傷を負わせる。その後は海外に渡ってファイトマネー目当てでボクサーとなり、ヘビー級のチャンピオンにまでなるが、そのことを「アルバイト」と言ってのける。

帰国後、そのファイトマネーを元手に、入江文学工藤優作ら国内の強者を集めた格闘大会「陰陽トーナメント」の開催を宣言する。海外の非合法格闘大会・アンダーグラウンドに参戦した際は、試合開始前に罠を張り、対戦相手が自らルールを破って主催者側に射殺されるように仕向けるなど、単純な戦闘力以外に頭脳も優れる。

関連キーワード

『喧嘩稼業』の舞台となる、マカオにて開催の異種格闘大会。田島彬が、ボクシングの世界王者となって手に入れた2億ドルのファイトマネーを使って主催した。ノールールで、16人が参加するワンデイトーナメントの優...

登場作品

総合格闘家・田島彬がマカオで開催する、さまざまな格闘技の強者16人を集めて行われる異種格闘トーナメント大会・陰陽トーナメント。古武術・富田流を学ぶ佐藤十兵衛は、かつて自分が惨敗を喫した喧嘩屋・工藤優作...