田村 一登

ぼくの地球を守って(漫画)の登場人物。読みは「たむら かずと」。

  • 田村 一登
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ぼくの地球を守って(漫画)
正式名称
田村 一登
ふりがな
たむら かずと

総合スレッド

田村 一登(ぼくの地球を守って)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

松平タカシの世話係。孤児院の出身で元暴走族だった少年時代にタカシの父松平羅王蔵に拾われる。父が松平建設の建築技師である笠間春彦とは友人関係。投身自殺をした弟の面影を残す春彦のことを特に気にかけている。タカシがからの脅迫を受けたことによってと対峙し、その後春彦の告白によって、月基地での出来事を知る。

登場人物・キャラクター

秋海棠の記憶を持つ少年。幼いころからムーン・ドリームを見ており、超能力サーチェス・パワーによるテレポートを繰り返していた。そのため体を壊して入院し、年齢的には高校2年生だが、中学3年生に復学した。偶然...
建設会社を営む松平羅王蔵の息子。暴走族のドラ息子だが、父の建設会社が東京タワーの改装工事を請け負っていることから、小林輪に脅迫を受ける。

登場作品

東京に転校してきた高校生の坂口亜梨子は、同級生になった小椋迅八と錦織一成が、同じ前世の夢・ムーン・ドリームを見ていることを知る。その夢の中では、2人は月基地から地球を調査している異星人の科学者で、他に...