田辺 椎汝

田辺 椎汝

その男ワガママにつき(漫画)の主人公。読みは「たなべ しいな」。別称、シーナ。

登場作品
その男ワガママにつき(漫画)
正式名称
田辺 椎汝
ふりがな
たなべ しいな
別称
シーナ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『その男、ワガママにつき』に登場するキャラクター。17歳、鷺沼女子高等学校に在籍。宇野誠ザムザ・クラブのオーナーであることを看破、それを喋らない条件として、彼に恋人になってくれるよう要求した。はじめは冗談半分だったが、次第に本気になっていった。PTAから繁華街での不純異性交遊(宇野誠と共に、元彼女にイヤリングを返しにいった)の指摘や、大熊杏奈からの執拗な追求を受け、何度か別れの危機を迎える。

最後のデートと銘打ったデートの際に、南アフリカ共和国原産の、2.5カラットのピンクダイヤの婚約指輪を瞬間接着剤で指につけられ、復縁。その後、宇野誠に結婚話が持ち上がり、彼から婚約破棄を言い渡されるが、実家を捜し当て、宇野誠と共にその場を後にした。

父母が不在の際に、宇野誠と初体験をする直前までいくが、古い下着が恥ずかしく拒否。処女は重いと思われ、一時、宇野誠から別れを告げられる。その後、椎汝からアプローチし、復縁。大熊杏奈が作った、非常勤講師江口丈二と自分との間を示唆する新聞により、学内の生徒から敵視され、誠との関係もぎくしゃくする。

丈二からアプローチを受け、遊園地デートをするが、杏奈が連れてきた誠によって妨害され、誠と元の鞘に収まることに。アイナ・ルアナでアルバイトをすることを、誠から大反対されるが押し切り、アルバイト期間中は他人という扱いになった。翠につきあって、大学生達にクルーザーに乗せてもらったが、強姦されかけ、駆けつけた宇野誠によって救出された。

ザムザ・クラブ五周年イベントで出会った、誠の昔の恋人達にあおられ、「愛してる」と言ってくれるようせがんだところ、左頬を叩かれ腫れてしまった。誠は別れを切り出し、直後、アメリカへの一週間の研修旅行へと旅立った。傷心の椎汝は中学校の頃に憧れていた初恋の人鮎川と再会。

彼に慰められるうちに、関係を持ちそうになった時、帰国した誠が現れ、椎汝に背を向けた。椎汝鮎川に背を押され、誠を追いかけ、ザムザ・クラブにいるところを発見。彼と愛を確かめあった。その後、妊娠。両親や誠の祖父である椿五十六の許しを受けて結婚し、出産した。

登場作品

その男ワガママにつき

普通の女子高生・田辺椎汝は、17歳の誕生日に出会ったザムザ・クラブのオーナーと、担任の先生である宇野誠が同一人物であることに気づく。そのことを黙っている代わりに、彼に恋人になるよう要求する椎汝。誠はそ... 関連ページ:その男ワガママにつき

SHARE
EC
Amazon
logo