由良 桃絵

由良 桃絵

クニミツの政(漫画)の作品登場人物。読みは「ゆら ももえ」。

登場作品
クニミツの政(漫画)
正式名称
由良 桃絵
ふりがな
ゆら ももえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

新千葉ヶ崎市内にある料亭で芸者として働く女性。地元暴走族のアイドルでもある。事故死した夫との間に娘舞がいる。娘の預け先の保育園が利権がらみの道路建設で閉鎖される危機に陥り、五来田進の市制をよく思っておらず、坂上陣営に味方する。藤代静と再婚し、藤代性になる。

関連人物・キャラクター

藤代静

新千葉ヶ崎を拠点とするヤクザ・講談音羽会の若頭。腕っぷしが強く、冷酷な性格。初めは新千葉ヶ崎市長・五木田進の策略に乗って坂上竜馬陣営と敵対するが、武藤国光とのタイマンを通して和解。以降国光の才能と人柄... 関連ページ:藤代静

関連キーワード

新千葉ヶ崎市

『クニミツの政』に登場する架空の都市。坂上竜馬らが市長選に立候補する。首都圏近郊の都市。海に面している。市の人口は約12万人。都心勤務のサラリーマン家庭が多い。商業施設は小さな商店がほとんど。市の予算... 関連ページ:新千葉ヶ崎市

登場作品

クニミツの政

とある事件をきっかけに、日本を変えるべく政治家を目指すようになった下町のヤンキー・武藤国光は、最初に弟子入りした衆議院議員・牧原宗光の命により政治家浪人中の坂上竜馬の秘書として働くことになった。しかし... 関連ページ:クニミツの政

SHARE
EC
Amazon
logo