甲賀 正清

ケンカの聖書(漫画)の登場人物。読みは「こうが まさきよ」。別称、甲賀。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ケンカの聖書(漫画)
正式名称
甲賀 正清
ふりがな
こうが まさきよ
別称
甲賀

総合スレッド

甲賀 正清(ケンカの聖書)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

ロスアンゼル市で空手道場を経営する日本人空手家。道場の宣伝のため、細工を施したビール瓶を手刀で割るなどのデモンストレーションを行う。その際、地元のギャングでプロレスラーでもあるシードラゴン・バビロンに絡まれ、吉良旭に助けられる。以来、吉良を用心棒として雇い、行動を共にする。

登場作品

1956年夏、ロスアンゼルス市。空手道場を経営する甲賀正清は、道場の宣伝で、ビール瓶切りやレンガ割りの模範演技を行っていた。そこにギャングでもあるプロレスラー、シードラゴン・バビロンが現れ、甲賀に喧嘩...