甲賀 百苦斎

乾いて候(漫画)の登場人物。読みは「こうが ひゃっくさい」。主丞とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乾いて候(漫画)
正式名称
甲賀 百苦斎
ふりがな
こうが ひゃっくさい

総合スレッド

甲賀 百苦斎(乾いて候)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

後一歳で百九歳になるという、尾張藩の古老。八門遁甲の陣押嫉妬の術など、数々の策を弄して腕下主丞の命を狙うが、斬り殺される。

登場人物・キャラクター

徳川八代将軍徳川吉宗が紀州藩の少年時代に愛した女性との間に生まれた人物。亡き母親の願いに応えて、父親のために食事と女性の毒味を引き受ける毒味唇役となる。また、将軍のために食事を作ることもある。当初は父...

関連キーワード

『乾いて候』で使われた策。中国の占術八門遁甲(奇門遁甲)に由来する戦法。八ヶ所に人数を伏せ、敵の逃げ道を塞ぐ鉄壁の布陣。甲賀百苦斎が腕下主丞一行に対して使ったが、主丞たちはこれを斬りぬけている。

登場作品

徳川幕府の八代将軍となった「#徳川吉宗」は、自分の息子の腕下主丞を江戸に呼び寄せる。美貌の持ち主で剣の腕も立ち、さらには毒全般に通じた主丞は、将軍の食事や性交の前に毒見をする毒味唇役になる。しかし権力...