申公豹

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「しんこうひょう」。太公望とはライバル関係。

  • 申公豹
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
申公豹
ふりがな
しんこうひょう

総合スレッド

申公豹(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

妲己の客人としてに身を置いてはいるが、「誰の味方でも敵でもない」という中立の立場を保ち、狂言回しのような役どころで崑崙山脈金鰲列島の戦いを見物する。雷を操るスーパー宝貝・雷光鞭を持ち、「最強の道士」と呼ばれる。ピエロのような外見をしており、常に無表情だが、面白いことが好きで、自分の美学に反する行いには敵意を示す。

自らに傷を負わせた太公望をライバルと定め、何かと気にかける。

登場人物・キャラクター

崑崙山脈出身の道士で、元始天尊の直弟子。元々は中国の遊牧民族・羌族の頭領の子息であったが、妲己による人狩りで一族を滅ぼされ、天涯孤独となったところを元始天尊にスカウトされた。封神計画の遂行者に任じられ...

関連キーワード

『封神演義』の舞台の一つ。首都・朝歌を中心とした、歴史的に実在が確認される最古の中国王朝。紂王が妲己により堕落させられ、悪政を繰り返したために国力が衰え、周に滅ぼされるに至る。
『封神演義』に登場する用語。能力的に未熟な仙人の総称で、基本的には自らを仙人界にスカウトした仙人の弟子となって、仙人界で修行を積むが、人間界にとどまった場合は、頑強な肉体とずば抜けた身体能力を持った天...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...