畏

ぬらりひょんの孫(漫画)において、妖怪の力を現す言葉。読みは「おそれ」。

登場作品
ぬらりひょんの孫(漫画)
正式名称
ふりがな
おそれ
関連商品
Amazon 楽天

概要

恐怖、信仰、威圧感、尊敬など多彩な意味を持つ言葉であり、「人間におそれられる」べき妖怪が存在する核となる。この「畏」を失えば妖怪は死んだも同然となるため、妖怪同士の戦いでは相手を圧倒し、怯ませることが重要となる。

登場作品

ぬらりひょんの孫

妖怪の総大将ぬらりひょんを祖父に持つ奴良リクオは、祖父がまとめる奴良組の妖怪氷麗や青田坊、黒田坊などに囲まれて賑やかな日々を過ごしていた。普通の人間として暮らしたいと願いつつも、夜になると覚醒し妖怪に... 関連ページ:ぬらりひょんの孫

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ぬらりひょんの孫
logo