疋田 文五郎

疋田 文五郎

剣の舞(漫画)の登場人物。読みは「ひきた ぶんごろう」。

登場作品
剣の舞(漫画)
正式名称
疋田 文五郎
ふりがな
ひきた ぶんごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

天下一の剣聖として名高い新陰流の開祖上泉伊勢守秀綱の甥にして高弟。27歳という若さながら、師である#伊勢守も認めるほどの腕前を持つ。伊勢守が木刀に代わって考案した「撓(竹刀)」を使って、ハルナに稽古をつける。武田信玄との合戦後も生き残り、後に新陰流の分派である疋田陰流の祖となった。

立ち会う際に「その構えは悪し」と評してから打ち込むのが特徴。同時代の実在人物疋田文五郎がモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

上泉伊勢守秀綱

新陰流の開祖であり、当代きっての剣聖と名高い剣法家。年齢は50代に差し掛かっているが、その腕前はいまだ衰えていない。武田信玄との合戦においては自ら先頭に立ち、十文字槍を振るって幾重にも包囲している兵た... 関連ページ:上泉伊勢守秀綱

関連キーワード

箕輪城

長野氏の長野業尚によって上野国に築かれた城。武田信玄の侵攻に際して、上泉伊勢守秀綱らがこの城で応戦したが、結局は攻撃を支えきれずに落城した。 関連ページ:箕輪城

登場作品

剣の舞

時は戦国時代。貧しい農村に生まれ育った少女ハルナの家を、戦のどさくさに紛れて略奪を繰り返す武士の一段が襲撃。ハルナは彼らから暴行を受けるだけでなく、家族を皆殺しにされてしまう。武士らが寝ている隙に金を... 関連ページ:剣の舞

SHARE
EC
Amazon
logo