癌治療チームの医師たち

癌治療チームの医師たち

グーグーだって猫である(漫画)の作品登場人物。読みは「がんちりょうちーむのいしたち」。

登場作品
グーグーだって猫である(漫画)
正式名称
癌治療チームの医師たち
ふりがな
がんちりょうちーむのいしたち
関連商品
Amazon 楽天

概要

大島弓子が激しい腹痛を訴えたので検査したところ、子宮筋腫と卵巣腫瘍(癌)が見つかった。治療チームの医師たちは、手術で患部を摘出し、そののち6ヶ月にわたって抗癌剤治療を行う。化学療法に苦しむ日々はあったが、治療は成功し、大島さんは元気に退院した。

退院の前日、チームの一人の医師が大島さんの単行本を持って来てサインを請い、大島さんは快く自画像を描いた。

関連人物・キャラクター

大島 弓子

漫画家の女性。前髪を上げて額を全開にし、茶髪を扇のように広げた髪型で描かれる。丸眼鏡をかけているのが特徴。1995年10月に愛猫のサバを亡くし悲しみに暮れていたが、偶然ペットショップで出会ったグーグー... 関連ページ:大島 弓子

登場作品

グーグーだって猫である

作者である大島弓子と飼い猫たちの日々を描いたエッセイコミック。「ヤングロゼ」1996年6月号から1997年8月号、「本の旅人」1997年10月号から2011年6月号にかけて連載された作品。 関連ページ:グーグーだって猫である

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
大島 弓子
グーグー
ビー
サバ
タマ
たん吉
白雪姫
タビー
フサフサ
logo