白いハダの人間

白いハダの人間

原始少年リュウ(漫画)に登場する用語。読みは「しろいはだのにんげん」。

登場作品
原始少年リュウ(漫画)
正式名称
白いハダの人間
ふりがな
しろいはだのにんげん
関連商品
Amazon 楽天

概要

原始的な生活をしている部族たちとは、一線を画し、白いハダの人間は様々な文明の道具や武器を使いこなすとされている。主人公のリュウはこの一族であるとされている。

関連キーワード

光る鳥

『原始少年リュウ』に登場する飛行船。白いハダの人間たちの移動手段。りゅうの王を葬った南の神殿でリュウに発見され、自動操縦によって、彼らをアトランチスまで連れて行った。 関連ページ:光る鳥

登場作品

原始少年リュウ

原始時代、捨て子であった白い肌の少年リュウは猿人のキティに育てられる。まだ見ぬ母の存在を知ったリュウは、オオツノ一族の娘ランを道連れに母を探す旅に出る。リュウは旅の途中、りゅうの王との戦いなど、様々な... 関連ページ:原始少年リュウ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
登場作品
logo