白妖精

白妖精

妖精国(アルフヘイム)の騎士(漫画)、光の神々の最初の子と言われている種族。読みは「あるふ」。

登場作品
妖精国(アルフヘイム)の騎士(漫画)
正式名称
白妖精
ふりがな
あるふ
関連商品
Amazon 楽天

概要

不老不死で誰もが輝くような美貌の持ち主。四大精霊の四つの種族に分派しており、緑の妖精王ルシアン・エルフェルム、炎の妖精王ギムレーなど、それぞれの属性ごとに妖精王が存在している。基本的に人間には関わらないことが彼らの掟となっているため、それぞれの領地には結界が張られている。

登場作品

妖精国(アルフヘイム)の騎士

地上にまだ妖精や竜がいた時代。アルトディアスの王にはローラントとローゼリィという双子の王子と姫がいた。ローラント王子は音楽を好む穏やかな性質で、ローゼリィ姫は剣や武芸を好むおてんばだった。ある日怪我を... 関連ページ:妖精国(アルフヘイム)の騎士

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
妖精国(アルフヘイム)の騎士
logo