白妙

白妙

変身忍者 嵐(漫画)の登場人物。読みは「しろたえ」。うねめとは親族関係にある。

登場作品
変身忍者 嵐(漫画)
正式名称
白妙
ふりがな
しろたえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

血車党の九の一。笛の名手。象の化身忍者である母うねめと組み、香の力でハヤテを眠らせ、虜にした。しかし、ハヤテに懸想してしまい、命を助けるよう母に懇願した。娘の幸せを願った母は、意識のないハヤテ白妙に託して逃がすが、目覚めたハヤテは事情を知らず、彼女を刺殺してしまう。

関連人物・キャラクター

うねめ

血車党の象の化身忍者。九の一。中年のふくよかな女性で、白妙という娘がいる。毒香を使う忍術を得意とする。摂津江口の里でハヤテを待ち受け、香の力で眠らせ、虜とした。しかし、白妙がハヤテに懸想した事から、娘... 関連ページ:うねめ

関連キーワード

血車党

『変身忍者 嵐』に登場する忍者組織。魔神斎を首領と仰ぎ、実際の指揮は副首領の骨飢身丸がとる。徳川幕府治める世を良しとせず、化身忍者の力をつかって人々を支配しようと目論む。ハヤテの父嵐鬼十もかつては血車... 関連ページ:血車党

登場作品

変身忍者 嵐

時代は江戸時代初期。ハヤテは悪の忍者集団血車党に父を殺されてしまう。化身の術を使い変身忍者嵐となったハヤテは、血車党の野望を打ち砕くため、血みどろの戦いを続けていく。 関連ページ:変身忍者 嵐

SHARE
EC
Amazon
logo