白川 渚

永遠の野原(漫画)の登場人物。読みは「しらかわ なぎさ」。

  • 白川 渚
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
永遠の野原(漫画)
正式名称
白川 渚
ふりがな
しらかわ なぎさ

総合スレッド

白川 渚(永遠の野原)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

古屋二太郎の大学の先輩で、同じく文芸部に所属している。部誌にはリアルなポルノ小説を寄稿し、セクシーな大人の女性を装っているが実は処女。古屋一姫のことを尊敬しており、古屋一姫を模倣した恋愛小説で投稿しているが、当の古屋一姫からそのことを手厳しく言われる。通う大学で教鞭をとるジョンソン教授のアシスタントをしているが、不倫関係にもある。

登場人物・キャラクター

高校生。姉の古屋一姫と2人暮らし。小さい頃に父親を亡くし、母親は再婚相手と暮らしている。みかんの飼い主。自身の身長が低いことを気にしており、石田太とは親友ではあるが、背が高く無口で男らしい石田に対して...
古屋二太郎の姉。少女向きSFホモ小説家。小説を書いているときは夢の世界へいってしまうくらい没頭するタイプ。柳良次とつきあい始めてから、一般恋愛小説の執筆も始める。だが、そのことが柳との角質を生むことに...

登場作品

古屋二太郎は、姉、古屋一姫と二人暮らし。父の死後、母が再婚して家を出たので、仕送りと、姉・古屋一姫がSFホモ小説の原稿料で生計を立てている。古屋二太郎は、同級生の野沢ひとみはお前のことが好きだと周りか...