白木 幹之介

あしたのジョー(漫画)の登場人物。読みは「しらき みきのすけ」。白木 葉子とは親族関係にある。

  • 白木 幹之介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あしたのジョー(漫画)
正式名称
白木 幹之介
ふりがな
しらき みきのすけ

総合スレッド

白木 幹之介(あしたのジョー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

日本有数の大富豪で白木財閥隆盛の立役者。若い頃、ボクシングをかじったことがあり、ボクシング好きで知られ、力石のパトロンとして、彼のために白木ジムを立ち上げる。力石の死後、ジムを解散しようとするが、葉子が財産分与としてジムを受け継ぐことになる。

登場人物・キャラクター

白木財閥令嬢。貴族的で品位もプライドも高いが、素直な性格で、ジョー(矢吹丈)に慈善活動にひそむ傲慢さ、自己満足を指摘されて動揺したことも。祖父の幹之介とともに力石の後援者となっている。力石死後は、白木...

関連キーワード

『あしたのジョー』に登場する大企業グループ。白木葉子の祖父・白木幹之介が創始者。
『あしたのジョー』に登場するボクシングジム。力石のパトロンである白木幹之介が設立。

登場作品

天賦の身体能力と野性の勘を持つ不良少年矢吹丈(ジョー)は流れ着いたドヤ街で、元プロボクサーだった丹下段平と出会う。ジョーの才能を見抜いた段平は執拗にボクシングを教え込もうとするが、ジョーは段平の献身的...