白木 葉子

あしたのジョー(漫画)の主人公。読みは「しらき ようこ」。

  • 白木 葉子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あしたのジョー(漫画)
正式名称
白木 葉子
ふりがな
しらき ようこ

総合スレッド

白木 葉子(あしたのジョー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

白木財閥令嬢。貴族的で品位もプライドも高いが、素直な性格で、ジョー(矢吹丈)に慈善活動にひそむ傲慢さ、自己満足を指摘されて動揺したことも。祖父の幹之介とともに力石の後援者となっている。力石死後は、白木ジムの会長に就任し、白木プロモーションを立ち上げ、プロモーターとしても活躍し、ジョーのタイトルマッチ実現に向けて画策する。

しかし、その直前にジョーのパンチドランカーの症状を確認し、身体を張って止めようとするが果たせなかった。愛を告白する彼女に、ジョーは「ありがとう」の言葉を残してリングに向かう。

登場人物・キャラクター

ジョー(矢吹丈)最大のライバル。プロボクサー。ウェルター級でデビュー以来13連続KOの記録を持ち、将来を嘱望されていたが、暴力事件を起こしてライセンスを失い、少年院送りとなる。少年院時代にジョーの脱走...
養護施設育ちの孤児。施設からの脱走を繰り返してきた。優れた身体能力に加えて野性の勘に恵まれ、粗野でケンカっ早く、悪知恵と反骨精神に溢れた不良少年。丹下段平にボクサーの素質を見出されても本気にならず、募...

関連キーワード

『あしたのジョー』に登場するボクシングジム。力石のパトロンである白木幹之介が設立。

登場作品

天賦の身体能力と野性の勘を持つ不良少年矢吹丈(ジョー)は流れ着いたドヤ街で、元プロボクサーだった丹下段平と出会う。ジョーの才能を見抜いた段平は執拗にボクシングを教え込もうとするが、ジョーは段平の献身的...