白柳 俊也

白柳 俊也

ラキア(漫画)の登場人物。読みは「しらやなぎ としや」。

登場作品
ラキア(漫画)
正式名称
白柳 俊也
ふりがな
しらやなぎ としや
関連商品
Amazon 楽天

概要

内村依佐が日本にいた頃からの親友で、葉月ルナが帰国してからは高校の同級生(内村依佐も同学年)。ハンサムで長身。赤ん坊の頃カトリック教会の前に捨てられており、神父ステファノ白柳に育てられ、やがて養子となる。ステファノ神父の上司であるロンジェロ枢機卿は、俊也を養子にすることを許す代わりに、俊也をヴァチカンの特殊部隊「プネウマ トウ ストマトス」の一員として訓練するように命じた。

以後、俊也の裏の顔は、神に命を捧げる屈強な戦士となる。ルナがグノーシス主義者にさらわれたときは、「プネウマ トウ ストマトス」の装備の車や銃器類を使って追撃し、奪還に成功する。

だが、カトリックがルナ反キリスト(アンチクリスト)と認定した時、彼女を抹殺する側に回ってしまう。

登場作品

ラキア

異形の存在アブラクサスと契約してしまった美少女の葉月ルナは、超常の力を発現していく。その力をめぐってカトリックと異端のグノーシス主義者が大々的な交戦を始めるが、異形の存在の真の目的は人類の壊滅だった。... 関連ページ:ラキア

SHARE
EC
Amazon
logo