白神 葉子

実は私は(漫画)の主人公。読みは「しらがみ ようこ」。

  • 白神 葉子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
白神 葉子
ふりがな
しらがみ ようこ

総合スレッド

白神 葉子(実は私は)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

吸血鬼と人間のハーフ。両親が出会った学校に通う。黒峰朝陽のクラスメイト。素は快活で関西弁だが、大きく口を開けるとキバが見えてしまうので、当初は無表情でミステリアス、敬語で言葉少なだった。朝陽たちとよく話すようになってからは、口元を手で隠すように。また、弁当は放課後に食べている。

2年の春に放課後の教室で羽を伸ばしていたのを、玉砕覚悟で告白しにきた朝陽に見つかってしまう。正体がバレた段階で退学すると吸血鬼のオトンと約束していたため、朝陽は一緒に秘密を隠し通すことになる。恋愛ごとには非常に鈍感。自分の気持ちに気づかずに、黒峰藍澤渚の仲を応援しようとする。

朝陽と最寄り駅が同じ。かなりの食いしん坊で、よくお腹が鳴る。吸血鬼の特性として、血を吸うのはキスと同義。にんにくが苦手で、十字架を見るとイラッとくる。日光にあたるとすごい勢いで日焼けする。くーるびゅーてぃーを目指している。

登場人物・キャラクター

登場時は高校2年。穴の開いたザルのように思ったことが顔に出てしまう、隠しごとのできない男。1年の秋ごろから白神葉子のことが気になっていた。恋愛には奥手のヘタレだが、吸血鬼の葉子の秘密を守ろうと奮闘する...

登場作品

隠し事ができない高校生の黒峰朝陽が告白した白神葉子は、実は吸血鬼だった。正体がバレたら退学させられるという彼女のため、朝陽は図らずも一緒に秘密を守ることになる。1年のときに好きだった学級委員長が宇宙人...